MENU

車売却で交渉が苦手な人は?

車を少しでも高く売るためには、色々な交渉をするということも時としては重要なのでありますが、
この交渉というのが本当に苦手で、うまく話をしようとしても全然うまくいかず、相手に言いくるめられてしまう。
そんな交渉が下手な方にとってどうすれば少しでも交渉がうまくいくのだろうか?というような方に
ちょっとしたアドバイスを教えていきます。

 

まずは下取りをする前に軽く一括査定をしよう

車を売る前に、交渉の材料となるものを集めることが必要です。
一番いいのは、下取り価格をいったん出してもらうことを数社にしてもらうことです。
会社によって同じ車であっても、買取値段というのは違ってきます。 そこからそこ嗣でもいい値段で売ってくれる会社を探したうえで、他の会社にその値段を基に交渉をしてみるというものです。
客観的な材料の一つですし、それでも業者が食い下がっているようなら交渉を打ち切って他を選ぶという手もあり得ます。
まずは下準備をしてから本気で交渉する姿勢を作っていきましょう。

 

交渉時には同日中に査定してもらうという手段も

また、実際に車を査定をしてもらう際には、同日中に業者に同じ車を査定してもらいましょう。
これは、色々な業者の言うことを一気に聞くことによって、現在の車の状況を色々な人から見てもらうことで、どこがいいかを決めやすくなりますし、負担面でも一気にやってもらったほうが、負担が少なく、記憶の面でもあとで思い出したりするような負担を減らすこともできます。
より詳しく多くの専門家の知見を得れば、より高く売りやすくなる確率は上がります。

 

どこの値段で満足するのかを決めておこう

また、交渉事というのはどこでゴールを決めるのかというのはとても重要です。
あまりに欲張ってしまって交渉を長引かせても、買い取ってもらったとしても時間の割に値段がそこまで大きく上がらなかったりなかなか買い手がつかないこともリスクとしてあるため、とても多くの時間と労力を浪費してしまいます。
こういったことは交渉が下手で精神的に参ってしまいやすい人にとっては特におすすめできないことです。
そうならないためにも、それなりに満足するところでゴールを決めておくのも手です。
相場をよく知って車がどれくらいの値段が妥当課というところを見極められるようになっておくとやりやすいでしょう。

 

交渉が下手なのは端的に準備や戦略が足らないことが多くの原因です。
しっかりとした準備こそが、交渉が下手な人でもうまくやれる方法なのです。

このページの先頭へ