MENU

車の売却額を上げる方法について

車の査定額は、様々な方法で上げる事ができます。一般的には査定の前に様々な準備を行って、お店にて交渉を行うのが基本スタンスになるのです。

 

査定前の様々な準備

準備というのは、例えば書類関連があります。説明書や税金関連の書類などは、一通り取り揃えておくだけでも査定額は上がる事が多いです。
その他にも、臭いに関する要素があります。タバコの臭いなどは減点要素になってしまいますから、査定前に臭いを取り除くという準備もあるのです。
そうかと思えば、価格リサーチもあります。そもそも車買取のお店が提示する金額は、必ずしも妥当な水準であるとは限りません。
ですが車の買取相場を把握しておけば、それが妥当かどうかも判断できる傾向があるのです。ですから価格を下調べするという準備も、必要になってきます。
その他にも、お店の情報を調べるという準備もあります。車買取の手続きを依頼した方々は、既に大勢見られます。
その方々はお店に対して口コミなども投稿していますから、できるだけそれに目を通しておく方が良いのです。

 

車のアピールポイントを伝えて交渉する

それでいざ査定を受ける時には、交渉を行う事がポイントになるのです。金額交渉を行ってみれば、査定価格が上がるケースもよくあります。
それでコツとしては、やはり自分が売りたいと思っている車の魅力をアピールする事です。
色や装備品など様々なアピールポイントを材料に、自分の車の長所をお店に伝えてみると良いでしょう。お店によってはそのアピール材料がきっかけで、査定額を上げてくれる事もあるからです。
長所を伝えるだけで、金額が数万円ほどアップする事もよくあります。ですから交渉を行う前に、車のアピールポイントをまとめておく事も大切です。

 

他のお店の金額を材料に交渉をする

また交渉をする時に、他のお店の金額を引き合いに出すというやり方もあります。
そもそも車査定は、1つのお店だけで行うべきものでもありません。
複数店で査定を受けて、金額比較をするケースが多いのです。お店Aで査定を受けてから、別のお店Bで改めて査定を受けるケースもよくあります。
それで例えばお店Bから、30万という金額が伝えられたとします。ところがお店Aでは、32万だったとします。
こういう時はお店Bに対して、32万の数字を伝えてみるやり方もあるのです。それを材料に交渉してみると、金額アップに成功する場合があります。
このように効果的な交渉を行う事により、車の査定額が上がるケースも、意外と多く見られます。

このページの先頭へ