MENU

車売却はディーラーの下取りに出すと損するの?

車を売る方法の中で、【一番高く売れる可能性が高い】と言われているのは「買い取り」です。
文字通り、中古車買い取りを行っている業者に対して売却する方法ですが、ディーラーから車を購入する時などは「下取り」という方法がメインになります。
買い取りと下取りは、基本的な仕組みは同じです。
どちらも「相場」をベースに個体(売る車)の状態を見て最終的な価値を決め、その結果に納得ができれば売買契約が成立します。
基本的な部分は共通しているとはいえ、この2つは比較的大きく違っている部分もあります。それが、「価値の評価基準」です。

 

買い取りの場合、価値を決めるベースとなるのは「市場の相場」です。
主に中古車販売業者が参加するオークションによって、該当車種がどのくらいの価格で取引されているのかが「相場」として反映されます。
同じ車種であっても、年式やグレードなどによって基準が変わり、そこには「この価格ならば顧客がつくだろう」という思惑が働いています。
つまり、「一般ユーザーが納得して購入してくれる価格」が価値を決めるうえで大きな基準になっていて、市場における一般ユーザーのニーズが相場を左右すると言っても良いでしょう。

 

これに対して下取りの場合、価値を決めるベースは買い取り同様に相場ですが、下取りの場合の相場は「メーカー基準」です。
買い取りの場合は一般ユーザーのニーズが大いに関係しますが、下取りの場合は市場のニーズよりも自社基準による評価の方が重視されます。
もちろん、市場のニーズも関係はしていますが、買い取りと比べるとウェイトが小さくなるため、市場の流行り廃りに左右されづらい特徴があります。
ニーズが反映されづらいということは、非常にニーズが高まっている状態でもそれほど高評価になりづらいと言うことでもあるのですが、逆にニーズが失われてしまった後でも安定して一定のニーズを維持し続けられるというメリットもあります。

 

一般的には、「下取りは高く買い取ってもらえない」と言われていますが、それは状況によって逆転してしまうこともあります。
もし、買い取り市場でニーズがほとんどなくなってしまっている場合、買い取り価格も雀の涙ほどにしかならないことも珍しくありません。
しかし、そんな時でも下取りならば安定した基準で評価してもらえるため、より高く売れる可能性があります。
要するに、【状況に応じて適切な判断をすることが大切】ということです。

このページの先頭へ