MENU

車売却時の査定で損をしている方の共通点

車売却を行っている方によっては、たまに損をしています。本来ならばもう少し高めな金額で売却できる筈なのに、安く売ってしまっている事例も、しばしば見られるのです。
それで損をしている方々には、共通要素が見られます。

 

金額を上げる為に交渉をする

例えば、交渉に関する要素が挙げられます。そもそも車売却の価格は、交渉次第で高くできる事もあるのです。
あるお店にて、車の査定を受けたとします。それでお店から提示された金額は、30万だったとします。
ところで30万で不満だと思った時などは、交渉を仕掛けてみるやり方もあるのです。40万円台に上げて欲しいなどと交渉をしてみると、たまに成功する場合があります。言い回しなどは工夫する必要はありますが、確かに金額が上がる可能性はあるのです。

 

交渉を行わなかったので損をする

それで損してしまっている方々は、この交渉を怠っている場合があります。というのもお店が提示している30万という数字は、実は妥当でない事があるのです。本来ならば38万などで売却できる筈なのに、色々と売上数字などの問題があって、30で提示してくるパターンもある訳です。
ところが車の売り手としては、「30くらいが妥当なのかな」と思い込んでいる場合があります。それで交渉を行わずに、結局30万で売却して、損をしているという事例がしばしば見られます。損している方々の、共通点の1つなのです。

 

複数店で査定を受けて比較をする

損するか否かに関わるポイントは、他にもあります。複数店にて査定を受けていたか否かです。
そもそも車売却の価格は、各お店によって微妙に異なります。やや高めな金額で売却できるお店もあれば、そうでない所もある訳です。
各お店によって金額が違う訳ですから、とりあえず複数店で査定を受けてみて、比較をしてみると良いのです。そして一番高い査定額を提示してきたお店に対して、売却をするというやり方があります。

 

複数を比較せずに1つのお店で決めてしまう

ところが損してしまっている方々は、この複数の比較という作業を怠るという共通点が見られるのです。本来なら複数のお店を比較してみれば、もう少し高い金額で売却できる筈なのに、1つのお店だけで決めてしまっている方々も多く見られます。
基本的に1つのお店だけで決めようとすると、どうしても売却金額は低めになってしまう傾向があります。ですから損をしたくないとご希望ならば、できるだけ複数店を比べるのが望ましい訳です。

このページの先頭へ